役立つ心理コラム

朝起きた時に会社に行く気がしない

朝起きた時に、会社に行きたくないなぁなんて思うことはありますか?
私も、朝起きた時に憂鬱な気分になって、今日は休みたいなと思いながら毎日出社していた頃がありました。
休みの日も、次の日から仕事と思うと心から楽しめなかったり。
こんな思いをしながら何十年も過ごすのは辛いことです。

このような思いをする原因は様々です。
・職場の人間関係がうまくいってない。
・忙しすぎる。
・暇すぎる。
・仕事内容が自分と合ってない。
・やりたいことではない。
・会社の理念や文化に共感できない。
etc…

退職や異動願を出すなどの対処もありますが、残された人を思うと抜けにくかったり、上司に何を言われるか怖くて言い出せない人も多いです。
このような思いをして我慢を続けていると、いずれ心身の健康状態に支障をきたします。
そうなる前にカウンセラーや専門医に相談することをおすすめします。

会社に行きたくないと感じた時、多くの場合は本人の考え方や捉え方、行動のしかたを変えると解決します。
例えば、悩みによっては以下のようなアプローチが効果的です。
・上司の立場で考えてみる。
・叱られた背景に目を向ける。
・同僚のプライベートな背景に興味を持つ。
・思い切って休んでみる。
・社外に自分が安心感を感じられる別のコミュニティを持つ。
・自分がいなくなっても会社が潰れるわけではないと思い直す。

カウンセリングでは、依頼者自身の価値観や考え方の傾向、ものごとの捉え方を踏まえた上で、カウンセラーの持つ専門的な知識や技術を用いて、根本にある気持ちや考え方、行動が変わっていくようにサポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です